銀行の預金通帳から現金を引き出すには、登録してある印鑑が必要です。そのために、もし預金通帳を紛失しても、印鑑がないから預金が引き出されることはないだろうと思っている人が少なくありません。しかし、印影から印鑑を偽造して預金を引き出す事例が起きていますので要注意です。単純な作りの印鑑であれば、その印影から簡単に印鑑を偽造できてしまうのです。また、銀行の窓口では目視による印鑑の確認が多く、精密な違いを見極めているわけではありません。そのために偽造の印鑑を見極めることが難しいのです。
ビジネス男性13                                                                    
しかし、偽造した印鑑を使い、盗んだ通帳から現金を引き出すというケースが実際に起き、預金の払い戻し訴訟なども起きていることから、最近は銀行でも通帳から印影をなくしたり、印鑑の印影をコンピュータで管理し、人間の目ではなく機械的に正確な照合を行うシステムを導入したりするなど、偽造印鑑による不正な預金の引き出し防止に力を入れるようになっています。

預金者の側でも、簡単に偽造されることがないような印鑑を作ったり、万一、通帳が紛失した場合はすぐに銀行に届け出たりすることで、被害を防止する必要があります。ATMの機械を使って現金を出し入れすることが多くなっているので、逆に通帳の管理が疎かになりがちです。また通帳と印鑑を一緒に保管しないなどの注意が必要です。