電子マネー

| 未分類 |

金銭を電子データとして利用することの利点は数多くありますが、その中の大きな一つとして挙げられるのが「使用履歴の管理」です。
通常の貨幣や紙幣を使って買い物などをした場合は、発行されるレシートや領収書を用いて、自分がどれだけのお金を相手方に支払ったかということを知ることができます。
一つ一つの取引であればこうした紙面で問題はありませんが、実際に生活をしている上で、一日ならまだしも、一週間や一ヶ月という長いスパンになると、その取引の履歴を確認するのは非常な手間となります。
また自動販売機などの無人商店の場合は、そうしたレシートや領収書などが発行されないということもあるでしょう。
                                                                         

この点において電子マネーは、非常に利便性の高いシステムとなっています。
使っているものがカード型のものであれ携帯電話に搭載されたものであれ、現在行われているほとんどのサービスは、自分がいつ、いくらのお金を支払ったか、またチャージしたかということを調べるシステムが搭載されているのです。
これは通常の貨幣や紙幣では実現することが不可能だったシステムであり、常に家計簿などをつけている人にとっては、受け取ったレシートや領収書を保管・管理する煩雑さから開放されることとなります。
自身に関わる出金・入金をしっかりと管理したい人にとっては最適のシステムということが出来るでしょう。