ICキャッシュカード

| 未分類 |

お金を引き出すときは銀行の窓口でも行うことができますが、いちいち通帳や印鑑を持っていく必要がありますし、待ち時間などもありますので、キャッシュカードを利用してATM操作でお金を引き出したり、振込みを行ったり、入金を行うといったことが一般的です。そしてとても便利なキャッシュカードですが、やはりスキミングなどの被害に遭わないかどうかということは気をつけておく必要があります。

                                                          

よりセキュリティを高めるのであれば、ICキャッシュカードの利用も検討していきたいところです。これがどんなカードなのかということになりますが、従来のキャッシュカードにICチップを搭載したカードとなっています。ICチップは偽造や不正などの読み取りがより困難となっていますので、通常のキャッシュカードよりさらにセキュリティを高めることが可能となります。そして多くのカードはICチップでの取引と磁器ストライプでの取引両方が可能となっています。さらに指紋認証や生体認証が行えるカードもあり、こうした機能を持っているカードならさらにセキュリティを強化することができます。
こうしたカードへの変更を検討されているなら、取引している銀行の窓口で相談してみると良いでしょう。