預貯金の特徴

| 未分類 |

資産を運用する方法の中でもっともリスクの低いのが預貯金です。金額だけを見れば、1000万円未満ならほぼノーリスクと言っても良いでしょう。なぜかというと、預金保護の制度が日本にはあるからです。預けている銀行などの金融機関が破綻した場合には、保護制度がなければ変換されないこともあります。しかし、預金保護の制度があるために、1000万円以下の元金と利息に対しては、国が守ってくれるのです。
変換されないことがあるとすると、それは国が完全に破綻したときですから、リスクはゼロとは言えないのですが、かなりリスクは低いと考えて良いのです。ですから、もっとも安全な方法だと考えられます。
                                                                            

また、流動性は最も高いと言えるでしょう。いつでも引き出すことができますから、資金が必要になったときにお金を手に入れられないと言うことはありません。この事を考えれば、もっとも便利でもっとも安全な方法だと考えられるのです。
リスクが低く、流動性も高いと言うことですが、その代わりに金利は低いという傾向があります。金利が低いですから、受け取ることのできる利子の金額は小さいです。特に現在は金利が低い状態ですから、安全性と利便性を優先する人でないのなら適していません。