預貯金の種類

| 未分類 |

預貯金にはいくつか種類がありますので、それぞれの特徴を見極めたうえで使い分ける必要があります。普通口座は、最も身近で、自由にお金の出し入れができる便利な口座です。金融機関で口座を作る場合には、まず最初に作られる口座で、窓口やATMいつでもお金の出し入れが自由にできます。公共料金などの自動引落し、給与や年金の自動振込みなどに使われることも多いです。
お金05                                                                              
当座口座は、企業や個人事業主が支払いに利用することの多い口座で無利息です。小切手や手形で支払いをする時などに利用されます。決済用預金として全額保護の対象となっています。貯蓄預金は、普通預金より金利が高く、定期預金より換金しやすい預金です。現在は、各金融機関によって仕組みは異なりますが、預入れ残高に応じて金利が高くなる金額階層別金利タイプが主流となっています。通知預金は、まとまった資金を短期間預ける場合に利用される預金で、普通預金よりも高い金利になっています。預け入れた後、最低7日間は据え置かなくてはいけませんし、引き出す場合には最低2日前には通知しなければなりません。基本的に、解約時に一括で払戻され、利息は日割計算後、引き出すときに支払われます。